ホワイトバランスの重要性

ホワイトバランスとは

ホワイトバランスは、露出補正や感度と並んで非常に使用頻度の高い機能です。ではホワイトバランスとはどういう機能なのでしょうか。

ホワイトバランスとは、光源によって発生する色の見え方の違いを最適化してくれる機能になります。

光源といっても様々な種類があります。太陽光や、蛍光灯、電球、あるいはストロボを発光させるなど、写真撮影を行う時には様々な光を利用します。

光源にはそれぞれ特性があり、蛍光灯の下では白いものが青っぽく見えたり、白熱球の下では赤っぽくみえたりしますが、これらの見え方を最適化してくれる機能がホワイトバランスなのです。

電球蛍光灯auto
電球蛍光灯AUTO

光源に応じて色を最適化するオートホワイトバランス

大体のデジタル一眼レフカメラでは、初期設定のホワイトバランスはオートになっていると思います。オートはカメラが自動で光源の特性を判断し、自然な色合いに補正してくれます。

しかしこの補正も完璧とは言えません。自分のイメージした色とは異なる場合があります。そういった場合は、ホワイトバランスの設定を変更してみましょう。

基本操作は非常に簡単です。晴れた日の屋外であれば「晴天」、蛍光灯の下であれば「蛍光灯」というように撮影シーンの光源にあったホワイトバランスの項目を選択しましょう。

晴天曇り
晴天曇天

ホワイトバランスを意図的に変化させる

ホワイトバランスの設定にある「晴天」や「曇天」、「蛍光灯」などの項目は、光源に応じて固定された補正値になります。「晴天」では白い被写体が色かぶりのない完全な白として再現されるようになっています。

しかし、色かぶりの補正だけではなく、逆に色かぶりを残したい場合にも利用する事ができます。電球の赤みをあえて補正せず、雰囲気のある色合いにしたり、屋外なのに「電球」を選び、意図的に青っぽいイメージを作り出す事もできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク