撮影のねらいによって適切な露出を選定する

露出補正をおこない明るさをコントロールする

通常のデジタル一眼レフカメラなどでは露出を意識する必要は特にないと思います。なぜならカメラ側に自動で露出を最適にしてくれる機構があるからです。このカメラ側で自動的に最適と判断した露出の事を、標準露出といいます。

ただあくまでカメラ側で決めている露出が本当に最適なのでしょうか。実はそうとは限らない場合が多いのです。 自分のねらった露出になるとは限らないからです。

撮影シーンによってはこの自動露出がうまく働かず明るくなってしまう事があります。これを露出オーバーといい, その逆で暗くなってしまう事を露出アンダーといいます。

そういう時に使うのが露出補正です。この機能はカメラが決めた露出に対し、明るくしたり暗くしたりする事が可能になります。自分でねらった露出と異なる時はこの露出補正をうまく活用し、最適な明るさに補正して撮り直すようにしましょう。

マイナスに露出補正標準露出プラスに露出補正
補正値−1.0補正値0補正値+1.0

露出とは絞りとシャッタースピードで変化する

デジタル一眼レフカメラは撮像素子に光をあて画像を記録します。その光を当てる事を露出、または露光と呼んでいますが、この露光をどれだけあてるかというのは絞りとシャッタースピードの関係で決まります。

絞りとシャッタースピードの関係性については水道で置き換えて考えてみると理解しやすいと思います。バケツにためようとしている水量を露出(光量)と考え、水道の蛇口は絞り、水がたまる時間をシャッタースピードとします。

蛇口(絞り)を大きく開くとたくさんの水が流れ水がたまる時間(シャッタースピード)は早くなります。逆に蛇口(絞り)を小さく開くと水の溜まる時間(シャッタースピード)は遅くなります。このように連動した関係になっているのです。

露出を水道で例える
露出を水道で例えた場合の図

スポンサーリンク

スポンサーリンク