安定感を保つカメラの構え方で手ぶれを抑える

カメラの構え方によって手ブレを最小限に抑える事ができる

自分で撮影した写真を見て、手ブレ写真が多いなと感じる方は結構いらっしゃると思います。その場合、自分のカメラの構え方が原因という事がよくあるので是非見直してみて下さい。

手ブレを抑えるためには安定感が非常に重要になってきます。安定感を保つには、カメラを3点で支える事が重要となります。まずは右手でグリップを掴み、レンズ部分は左手で支えます。ここまでは皆さん出来ていると思います。

では3つめはどこでしょうか。3つめは額を使います。ファインダーを覗き込んだときに接眼部を額に押しあてるようにましょう。

カメラの正しい構え方
3点で支え、右手は体に密着させ脇をあけない
カメラの正しい構え方
額の接眼部に押しあてる

3点で支える事ができたら次に気をつけるところは脇になります。脇が開いてしまうと安定した保持が困難となります。シャッターボタンは下に押すため下の支えが必要になってくるので脇は軽く体につけるようにしてみて下さい。安定感が少し上がると思います。

その他に安定感を出す方法として、支えになるものを探し利用する事です。撮影している場所に平な石や、屋内であれば机、椅子、棚等の支えになるものがあるのであれば積極的にそちらを使用する事をオススメします。手持ちより安定度が高いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク