ガラス越しから小物を撮影

      2016/05/10

皆さんこんにちわ。GW休暇中だったので近所を散歩していたら可愛い雑貨屋さんを発見しました。海の近くという事もあり、カラフルな貝殻やシーグラスなどで作った小物が沢山並べられていました。

購入することができなかったので、ガラス越しからカメラで撮影し、その描写を持ち帰る事にしました。

スポンサーリンク




ガラス越しから撮影するときの注意点

ガラス越しで撮影する時に注意したい事は映り込みです。正面からの撮影の場合、写真を撮影している自分が写り込んでしまいます。

その場合は自分が写らない角度に移動して撮影するように心掛けましょう。また余計なものは写さないようにしましょう。今回のコンセプトは可愛いと外国風だったので日本語の看板が写らないようにしました。またお店の壁がアンティーク調で可愛かったのでアクセントになると思い壁も入れて撮影しました。

雑貨1
コンセント等の余計なものが写り込んでしまっている。
また色のアクセントがなく平凡な写真になってしまっている。
雑貨2
余計なものがなく、壁のアンティーク調の木の緑色がアクセントになり
全体的にまとまった写真が撮れた。

時間がなく急いでいる場合はとりあえず撮影だけして後で補正しよう!

今回は急いでいた事もあり、シャッタースピードと絞りだけを調整し写真撮影し、その場を去りました。あとから見直してみると少し明るすぎて少しぼんやりした雰囲気の写真になってしまったので、画像編集ソフトを使用して明るさとコントラストを補正しました。

急いでいる時もこの写真を残したいと思ったらとりあえず撮影することをお勧めします。今回はPhotoshopを使用して画像編集を行いましたが、無料の画像編集ソフトもたくさん出回っているので活用してみましょう。GIMPなんかは結構有名で本屋さんに行けば書籍も売ってますよ。

 - ガラス越しから撮影